アプリ/WEBサービス 音楽・ライブ

米津玄師を聴ける音楽ストリーミング配信サービスはYouTube Music

投稿日:2018年11月19日 更新日:

youtubemusictitle

 

どうもこんにちは。

Apple MusicやSpotifyといった音楽ストリーミング配信サービスが世界中で流行っています。

日本でもたくさんのアーティストの曲が配信されており、毎月約1,000円払えば配信されている音楽が聴き放題です。

しかし、いくら聴き放題と言っても聴きたい曲がなくては意味がありません。

そう、米津玄師の曲がApple MusicやSpotifyにはないのです。

あの米津玄師の曲が配信されていないとはどういうことだ!

しかし、先日米津玄師の曲も実質聴ける定額制音楽ストリーミング配信サービスがはじまりました。

YouTube Musicです。

 

 

スポンサーリンク

YouTube Musicとは?

YouTube Musicは名前のとおり、YouTubeがつくった定額制音楽ストリーミング配信サービスです。

基本的にはApple MusicやSpotify同様、月980円支払えば音楽聴き放題というサービスです。

配信されている通常の楽曲もほぼ違いはありません。

YouTube Musicは夏頃からアメリカをはじめ、海外でスタートしていましたが、ついに先日日本でもサービス開始となりました。

YouTubeはGoogleの会社ですが、Googleは元々Google Play Musicという定額制音楽ストリーミング配信サービスを展開していました。

なので、サービスとしてはもろかぶりですが、海外でYouTube Musicがスタートしたときに幹部からGoogle Play MusicはYouTube Musicへ移行していくと発表がありました。

 

YouTube MusicがApple MusicやSpotifyと違う部分といえば、やはりYouTubeにアップされているミュージックビデオも音楽アプリで見れたり、さらにはバックグラウンド再生ができることです。

なので、ミュージックビデオがYouTubeに上がっていれば、バックグラウンド再生で聴けば、実質音楽配信サービスとして配信されていることになります。

さらに、YouTube Musicにプラス200円、つまり月1,180円支払えば、音楽聴き放題に加えて、通常のYouTubeも広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生ができるようになります。

YouTube好きにはたまらないですね。

ソフトバンクの動画SNS放題を使っている人は、ほんとにYouTubeが便利になりますね。

 

 

YouTube Musicで米津玄師を聴く方法

YouTube Musicで配信されている楽曲は、Apple MusicやSpotify等とほぼ変わらないと言いました。

米津玄師についても同様で、米津玄師のアルバム自体はどの音楽配信サービスでもされていません。

しかし、上でも書いたようにYouTube Musicでは、YouTubeで配信されているミュージックビデオであれば、広告なし、映像なし、バックグラウンドで再生ができます。

幸いにも米津玄師は有名曲のミュージックビデオをたくさんYouTubeで配信しているので、これで実質音楽配信サービスとして米津玄師の楽曲を聴くことができます。

どんなかんじに聴けるかというと、YouTube Musicのホーム画面から右上の検索アイコンをタップします。

YouTubeMusic1

 

すると検索バーになるので、「米津」とでも打って検索しましょう。

YouTubeMusic2

 

検索結果が出てきますが、もちろん曲やアルバムといったところには出てきません。

ここではYouTubeのチャンネルを選択します。ちょうど上位の検索結果に出ていますね。

YouTubeMusic3

 

するとそのチャンネルの概要ページになります。

そのまま動画のサムネイルをタップすれば、動画が流れ始めますが、ここでは動画の文字部分をタップしてみます。

YouTubeMusic4

 

するとミュージックビデオの動画リストが並びますので、ここから好きな楽曲を選択できます。

YouTubeMusic5

 

例えば、Lemonを再生すると、再生画面は以下のかんじです。

右上のヘッドホンマークがありますが、これは現在映像は流さず、音声のみ再生にしているということを表します。パケット節約です。

バーを右にすればミュージックビデオの映像も流れます。

YouTubeMusic6

 

縦の点々のところから再生リストに追加することもでき、オリジナルのプレイリストも作ることができます。

例えば、米津玄師のプレイリストを自分で作っておけば、米津玄師ベストアルバム的なものを作ることができますね。

YouTubeMusic7

 

このプレイリストを使えば、ほぼ通常配信されている楽曲と同じように音楽を聴くことができるようになります。

これこそまさにYouTube Musicの強みですね。

米津玄師が、無理やり感はありますが、音楽ストリーミングサービスで聴けるようになりました。

 

 

なぜ米津玄師の曲は定額制音楽ストリーミングサービスで配信されないのか

そもそも普通に米津玄師の楽曲が、Apple MusicでもSpotifyでもYouTube Musicでも配信されていれば、あなたがわざわざどうすれば聴けるかを探さなくてもいいんです。

米津玄師の楽曲を聴きたい人はたくさんいるのに、どうして音楽ストリーミングサービスで通常配信してくれないのでしょうか?

結論から言って、そのほうが儲かるからです。

CD、特にアルバムは日本では1枚3,000円くらいします。

アルバムが売れたほうが、さくっと儲かるのです。

例えば、アメリカではストリーミングで1,500再生されたらアルバム1枚売れたと同等レベルと換算します。

しかし、アメリカのアルバム1枚の値段はだいたい1,000円くらいです。

日本の3分の1です。

なので、日本の場合、アメリカと同じ換算をしたらストリーミングで4,500再生くらいされないとアルバム1枚売れたと同じことにならないのです。

1枚15曲入りのアルバムだとしても、300周聴いてもらってやっとアルバム1枚の売上同等となるわけです。

もちろんストリーミング配信することで、普段そのアーティストのCDを買わない人が聴いてくれたり、プレイリストに入っていることで意図せず聴かれたりして、リスナーの裾野が広がるというメリットはあります。

ただ、米津玄師のようにしっかしとファンがついていて、CDの売上が見込めるのであれば、わざわざストリーミング配信をして、儲かりにくくするよりも、しっかりとCDを売るようにします。

 

 

米津玄師の楽曲が普通にストリーミング配信されることはないのか

米津玄師のようなファンがしっかりついていて、CDもしっかり売れるアーティストはストリーミング配信をする必要がないと言いましたが、今後もストリーミング配信されることはないのでしょうか。

わたしはそうは思いません。

米津玄師もそう遠くない未来ストリーミング配信がされると思います。

例えば、さすがに過去のアルバムがそろそろ売れなくなってきたときです。

リリースから1,2年たって売れなくなってきたアルバムをApple MusicやSpotifyに配信したとしましょう。

そしたら、すでにCDを持っている人もApple Musicで聴くほうが使いやすいので、Apple Musicで聴くでしょう。

その再生された分は、しっかりとアーティストの収入になっていきます。

つまり、アルバムも買ってもらい、数年後にさらにストリーミングでも儲かるという2度おいしい構造です。

 

実は、Mr.Childrenなんかはそれをもうしています。

ミスチルは過去にたくさん大ヒットアルバムを出しており、ミスチルファンは何度もミスチルの曲を聴きます。

おそらくミスチルのアルバムを持っている人が、Apple MusicやSpotifyでもミスチルを聴いているのです。

HANABIなんかは何年前の曲だというかんじですが、常にランキングの上位にいます。

このように過去に出したアルバムが多ければ多いほど、さらにそれがよく聴かれれば聴かれるほどストリーミングサービスと相性がいいのです。

米津玄師も、過去楽曲が溜まってきたらストリーミング配信を解禁してくれるとわたしは思います。

 

さらにもっと言うと、将来的にはCDはなくなっていくでしょう。

アメリカなんかは、もう音楽全体のうちCDは1割程度しかなくて、さらに縮小していっています。

そうなるとレコード会社もCDを出しても儲からないので、CD自体出さなくなります。

CDを出さなくなると、CD自体を作っている業者が儲からないので、CDを作ること自体がなくなっていきます。

そのような流れでCDがなくなったら、CDで売りたくても売れないですよね。

世界の流れは、圧倒的にストリーミングに傾いているので、もう何年かしたらこのようなことが起きてくると思います。

さらにAppleは、完全にApple Musicにシフトしており、iTunesも閉鎖しようとしているので、デジタルでのアルバム購入ができなくなっていきます。

そのときに残るのは、ストリーミングサービスになるので、否が応でもストリーミングサービスで配信せざるを得ませんよね。

このような理由からわたしは、いくら米津玄師でも、ずっとストリーミングサービスで配信しないということはないと考えています。

 

 

ということで、YouTube Musicで米津玄師を聴けるよという話をさせていただきました。

米津玄師以外にも、Apple Musicとかで配信していないアーティストで、YouTubeでミュージックビデオを配信しているアーティストはたくさんいるので、そのアーティストの楽曲も楽しんじゃいましょう。

それではではー!

 

あわせて読みたい

YouTube Musicのプレイリストのつくり方 リピート方法・曲順の変え方・ダウンロードまで画像つきで解説

SpotifyとApple Musicのおすすめアニソンプレイリスト

 

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-アプリ/WEBサービス, 音楽・ライブ
-,

執筆者:

関連記事

バチェラーシーズン2

【Amazonプライム】バチェラーシーズン2を最終回まで見て全体的な感想

※ネタバレが含まれます。   どうもこんにちは。 配信開始から2ヶ月弱を経て、Amazonプライムのバチェラーシーズン2が終了しました。 小柳津さんに選ばれたのは、イラストレーターの倉田茉美 …

zozoニット襟

【レビュー】ZOZOホールガーメントニットが届いた!ぴったりサイズで大満足

  どうもこんにちは。 ZOZOオリジナルブランドのホールガーメントニットがついに届きました。 9月末に発表されて、即座に注文しましたが、1ヶ月弱の時を経てようやく届きました。 早速着てみた …

ZOZOSUIT数値比較

【ZOZOSUIT】新型と旧型の測定精度を徹底比較!

  どうもこんにちは。 新型ZOZOSUITが発表され、翌日に届いたという声もtwitterで見かけたりしています。 わたしもその1人です。 旧型ZOZOSUITは伸縮センサーを使っていたの …

paypayタイトル

【共感希望】PayPayの支払い音が大きくて恥ずかしい

  タイトルのとおりです。 20%還元+ランダムで全額還元ということで、大賑わいを見せているPayPayですが、支払いの度に聞かされる「ペイペイっ!」という音が恥ずかしいです。 今回はこのP …

ohohoh

ポケモンオープニングの「未来コネクション」ЯEALが神曲だった!メロディーも歌詞もいい!!

  どうもこんにちは。 Spotifyでアニソンのプレイリストを聴いていたのですが、その中にめっちゃいいと思った曲がありました。 ЯEAL(リアル)というガールズバンドの「未来コネクション」 …