雑記

自分が好きな情報だけ集まってしまうネット社会に感じる危機感

投稿日:

パーソナライゼーションと多様性

 

テクノロジーがどんどん発達してきて、あらゆる情報がネットで見えてしまえる世の中になってきました。

特にスマホが出てからのスピード感は凄まじく、SNSで個人が情報発信し、それを受け取るという構図が大きくなっていきました。

ネット上には、もう時間がいくらあっても足りないほど情報にあふれているわけですが、それを個人に最適化することが現在とても進化しています。

例えば、NETFLIXなんかはユーザーの視聴データから、それぞれの人におすすめを紹介しています。

このように、個人に情報が最適化されることに対して、ものすごく便利だなーと感じる一方で、なにか少し不安になってしまうこともあります。

 

 

スポンサーリンク

情報のパーソナライゼーションに持つ懸念

さきほどNETFLIXについて書きましたが、今あらゆるネットサービスでは、個人個人に合わせたサービス提供を目指しています。

twitterやInstagramのフォローにはじまり、キュレーションのニュース、YouTubeもどんどん視聴データからおすすめを出してくれますよね。

この技術の進化で、わたしたちは膨大な情報やコンテンツがある中から、自分が見たいものを見ることができているのです。

もはや逆に見たいものしか見れなくなっているのかもしれません。

わたしがここで持つ懸念は、このままではわたしたちは自分が好きな情報しか見なくなってしまい、価値観が固定されてしまうのではないかということです。

 

 

価値観の固定から他人を認められなくなる

まだコンテンツのようなものは、趣味嗜好的なものなので、そこで価値観が固定されたところでそんなに影響はないと思います。

しかし、言論や思想の部分は固定されてしまうと、危険な影響が出てしまう可能性があると思いました。

例えば、twitterでこの考え方をするAさんは素晴らしい!フォローしよう!となって、これからもAさんの言論に感銘を受けたりするわけです。

それで、「Aさんの言うことは絶対!」みたいな思想が生まれてしまうのではないかとわたしは危機感を覚えてしまいます。

Aさんの周りにそういう人が集まってくると、Aさんが教祖となる宗教みたいになってしまうと感じます。

そして、Aさんがなにか間違いをしてしまったときにも、Aさんの間違いを認めることは、それをフォローする自分も間違いみたいな感覚になるとまでいくのかはわかりませんが、Aさんを擁護することになると思います。

実際、そのようなことがtwitterなんかを見ていると感じるわけです。

今はまだいいのかもしれませんが、これが続いていってしまうと、そのうち過激派みたいなのが出てきてもおかしくないと思います。

むしろISISなんかはこういう類のものかもしれません。

自分が好きな情報ばかり吸収し続けた結果、それ以外の情報を拒絶するようになってしまうのです。

スモールコミュニティをたくさん作れば作るほど、コミュニティ同士の対立がどんどんと増えていってしまいます。

それはすごく悲しいことですよね。

 

 

多様性を受け入れる

それでは、こんなに個人に最適化された情報はよくないということなのでしょうか。

わたしも様々なネットサービスを利用していますが、自分に最適化してくれるのはほんとに便利だと思いますし、それはいいことだと思います。

ただし、上で書いたような懸念を払拭するには、根本に他の人は自分と違っていて当然であり、その人の考えも認めるということが大事だと思います。

つまり、みんな違ってみんないいです。

最近、海外では特にダイバーシティ、多様性といろんなところで言われています。主には人種や性別ですが、わたしは思想についても多様性が大事だと思います。

情報がパーソナライゼーションされているのですから、それぞれの人が違った考えや思想を持つことは当然のことです。

そこで、自分と違う考えの人を見つけたときに、あいつは間違っていると頭ごなしに否定するのはあまり良策ではないと思います。

仮に自分は賛同できないことだとしても、違うふうに考える人がいるということを認めることはしなくてはいけないと思います。

もちろんそれが法律に触れるとかいう倫理的なものだった場合は別ですよ。

そんなわけで自分が好きな情報だけ集まるようにパーソナライゼーションされていくネット社会に対して感じる危機感とそれに対する多様性について書きました。

 

 

最後に、90年代からドラえもんの歌を通じて多様性を世の中に問いていた武田鉄矢はほんとにすごいと思います。

ぜひ一度ご視聴ください。

世界はグー・チョキ・パー

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-雑記
-

執筆者:

関連記事

Tポイント募金

ファミマの「Tポイントカードはお持ちですか?」をウザくなくなる方法を考えた。Tポイントで世界を救おう!

  どうもこんにちは。 ”Tポイントカードはお持ちですか?” 誰もが一度はファミリーマートで言われたことがあると思います。 しかし、多くの人は「ないです」と言ってますし、ウザがっています。 …

マックスむらい復活のタイトル

マックスむらい復活!?最近のYouTube動画がおもしろくなった

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。 AppBankの創設者でもあるマックスむらいの動画が2017年の夏休みになっておもしろくなってます!! マックスむらいといえば …

【レビュー】秋元康の企画脳を読んだ感想-企画は記憶から生まれる!

  どうもこんにちは。 秋元康の企画脳という本を読みました。   企画脳 (PHP文庫) posted with ヨメレバ 秋元 康 PHP研究所 2009-05-02 Amazo …

田端砲タイトル

田端砲の効果を思い知った日

どうもこんにちは、通信業界のゆとりです。 最近、自分の価値を株式のように発行し、売買取引ができるVALUというサービスが開始され、ホリエモンやメルカリの山田さんなど多くの著名人が参入しています。 まだ …

中古品匂い

男性がネットで中古品を買うときに気をつけたい大事なリスク【メルカリ/ZOZO】

  もはや使ったことがない人はいないのではないかというくらいにまでなったフリマアプリ「メルカリ」。 なにかいらないものがあったら、メルカリで売れば?とさっとアドバイスするくらいメルカリは一般 …