VR おすすめWEBサービス

格安スタンドアローンVR Oculus Goの開封レビュー

投稿日:2018年5月13日 更新日:

oculus go正面

 

どうもこんにちは。

FacebookのOculusからスマホやPCを使わずに使えるスタンドアローンVR「Oculus GO」が発売になりました。(初期設定にはスマホは必要です。)

本格的なスマホをゴーグルに入れるのではなく、ゴーグルにすでにディスプレイやチップなどが入っているのですが、その値段はなんと23,800円~です!

上位モデルのHTC viveやOculus Riftは5万~10万円くらいしたり、高性能なPCも必要ですが、Oculus Goは高性能PCも必要ありません。

昨年くらいからスマホをゴーグルに入れて使うDMM VRのすごさを体感していたわたしは、DMM VRをより楽しむために、高性能かつ安いVR機器を求めていました。

そこにあらわれたのがOculus Goです。

発表されてから半年待って、2018年5月についに発売されました。

もちろん即買いです。

この記事では、Oculus Goを買ってみてどんなものだったかレビューしてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

購入場所はOculusサイト 商品到着は1週間弱程度

日本でのOculus Goの正規の販売場所は、今のところOculusのサイトだけです。

アメリカではAmazonやBest Buy等も正規販売店になっているみたいです。

日本のAmazonでも並行輸入品が販売されています。

2018年5月13日現在、32GBが35,999円で並行輸入品が売られており、Oculusのサイトで買うより1万円以上高いというアホみたいな状態になっていました。

Amazonギフト券が余りすぎていて、他に使い道もないという方はそれでもいいかもしれませんが、普通の値段で買いたい人は気をつけましょう。

 

 

Oculusサイトで注文したOculus Goは翌々日に発送案内が来ました。

発送元は香港で、FedExが使われます。その後、いろんなところを経由しだいたい発送から4日くらいで手元に届きました。

1週間はかからないけど、Amazonみたいに翌日に来るみたいなかんじではありませんので、気長に待ちましょう。

 

 

Oculus Go開封の儀

待ちに待ったOculusが届いたので、開封していきましょう。

まずはパッケージです。Oculus Goと使えるアプリのロゴがあります。われらがDMMはありません!笑

 

oculus goパッケージ

 

そして、箱をあけるとこのとおりです。箱の上にきちんとクッションがあったり、綺麗にOculus本体が置かれていて、テンションが上がりますね。

ほんとAppleのおかげで、パッケージに対する意識がみんな高くなりましたよね。

 

oculus go開封

 

Oculus Goの本体はこんなかんじです。非常にシンプルですね。

 

oculus go正面

 

レンズ側はこんなかんじです。スマホをはめるゴーグルだと左右のレンズを動かしたりできますが、Oculus Goはそのような物理的な可変機能はありません。

また、おでこあたりにセンサーが付いていて、Oculus Goをつけていないときにはスリープになるような機能を持っています。

 

oculus goレンズ

 

付属のコントローラーはノートPCのタッチパッドのように指をスライドさせて、画面をスクロールできたりします。使うのは単三電池1本で、1本付属されています。

ホームボタンみたいなのと戻るボタンもあります。

また、ゲームのコントローラーのRボタンみたいなかんじで、うしろにトリガー式のボタンがあります。決定ボタンみたいなかんじの役割が多いです。

 

oculus goリモコン

 

また、メガネを着用する人用にメガネスペーサーというものがついています。

ただ、メガネスペーサーを使わなくても、特に問題なくメガネをつけたままOculus Goは装着できました。

 

oculus goメガネスペーサー

 

先に注意しておくと、Oculus Goはレンズの焦点を可変する物理的な機能がありません。

なので、普通に視力がいい状態でゴーグルをはめないと綺麗に映像は見れません。

別売りで度付きのレンズも売っているみたいなので、メガネをしたままゴーグルをしたくない人はそれを買うのもありですね。

 

ヘッドバンドの付け根にはOculus Goの特徴の1つであるスピーカーがついています。

 

oculus goスピーカー

 

Oculus Goはイヤホンで音を聴くことも可能ですが、このスピーカーによって、何もつけなくても立体音響的に音が聴こえます。

しょぼいスピーカーに見えますが、これが意外とすごいんです。

 

 

必要最低限のボタン

Oculus Goは非常にシンプルで、レンズの物理的な可変もなく、もちろんスマホを取り出すようなケースみたいな部分もありません。

物理ボタンはたった2つしかありません。

電源ボタン音量ボタンです。

 

oculus goボタン

 

物理ボタンが少なすぎて、逆に不安になってどこかにないか探してしまったくらいです笑

 

また、横にはmicro USB端子イヤホン端子があります。

充電はこのUSBに付属のUSBケーブルを差し込んで充電します。

コンセントに入れる専用のアダプタはありませんでしたが、iPhoneの充電アダプタで充電できました。ただし、充電スピードは遅く、100%になるには数時間かかります。逆に使っているときのバッテリーの消耗は大きく、動画を見れるのは感覚的に4時間くらいでしょうか。

また、本体の横には「mi」の文字があります。

これは、中国のシャオミというスマホメーカーのロゴで、Oculus Goはどうやらシャオミが製造しているようです。

 

oculus goシャオミ

 

 

初期設定はOculusアプリから

一通り、外観を見たので、初期設定をしていきます。

初期設定はスマホのOculusアプリを使います。

アプリストアからダウンロードをして、Oculus GO本体と連携させ、Wi-Fiの設定などをしていきます。

基本的にはFacebookのアカウントでログインし、iPhoneのアクティベーションみたいなかんじでどんどん設定していきます。

Oculusアカウントでも大丈夫そうでしたが、面倒くさいのでわたしはFacebookで連携させました。

 

Oculus Goアプリ初期設定

 

気をつけないといけないのいのは、プライバシー設定です。

なにを思ったのか、Facebookにフィードの許可を求めてくるのです。

特に「使ったアプリをどこまで共有するか」の設定は超大事です!

これを自分のみにしないと、DMMアプリを使っているのがともだちに丸わかりです!!

 

 

鳴り止まないワクワク感

スマホでの初期設定が終わり、Oculus Goを装着してみます。

なかなか軽いです。

つけていても頭が思いとは感じませんね。

ちなみに鼻が低い日本人の場合、少し鼻の間の隙間が気になります。

 

そして左右から聴こえる立体音響が、非常にいいかんじにワクワク感を出してくれます。

最初に壁紙の設定をするんですが、ゴールデンゲートブリッジにしてみました。

そして、ゴールデンゲートブリッジ上空にメニューがあらわれました。

 

Oculus Goスクリーンショット

 

スクリーンショットで見るとなかなか伝わらないのが残念なんですが、この壁紙は360度の壁紙になっていて、後ろを向くとちゃんと後ろの風景にもなっています。

そこに浮かび上がるようにメニューが飛び出ているという未来感はすばらしいです。

 

また、コントローラーをかざすと、感覚的に自分が指しているところにちゃんとポインタがいくんですよね。

たぶん周りから見たらおかしい光景でしょうね。ディスプレイは目の前にあるのに、コントローラーは全然違うところに向けているのですから。

いろいろ動かしていると、ポインタの位置が感覚とずれることもあるのですが、ホームボタン長押しで調整ができるので、安心です。

 

 

DMMVRアプリ× NETFLIXアプリ○

ここまでOculus Goの体験は素晴らしいものでした。

しかし問題はアプリです。

コンテンツがよくなければ意味がありません。

 

期待はずれのDMMVR

Oculus Goを購入する人の大半がDMMVRが目当てではないでしょうか?笑

それくらいスマホと簡易ゴーグルを使ってみたときのDMMVRの衝撃はすごく、このOculus Goにも最初からアプリがあったので、その期待は大きかったです。

しかし、結論からいうとダメダメでした。

焦点があっていません。

Oculus Goは焦点を物理的に動かせないので、最初から視力がいい人の状態でばっちりと合わせておく必要があります。

しかし、現状のDMMVRのアプリはそうなっておらず、乱視のように、左右の画像がずれて見えてしまいます。

また、ダウンロードしたものは開始9秒で止まってしまいます。

他にも不満はたくさんありますが、それはまた別記事で書こうと思います。

ということで、最大の期待であったDMMVRアプリが現状だめだめです。

問い合わせてみたところ、現在対応を進めているという回答をいただいたので、それに期待しましょう。

 

【追記】Oculus GoのDMMVRアプリに関する記事を書きました。

【関連記事】Oculus GoのDMMVRアプリが使いものにならない 焦点が合ってなくてまともに映像が見れない!

 

人間をダメにするOculus GO&NETFLIX

DMMアプリがダメダメなのに対して、NETFLIXアプリは素晴らしいです。

正確にいうと映像自体は普段テレビやPCで見るNETFLIXで見る映像をヘッドマウントディスプレイで見るというかんじです。

NETFLIXアプリでは自分が仮想のリビングのソファにいて、大画面テレビで映像を見るという設定です。でも、その感覚は映画館に近いですね。

自分の視界に入るのは大きな映像のみで、それ以外は暗くなります。

また便利なのが、画面を自分の好きな位置に動かせる機能です。

これにより、自分が正面を向いていなくてもよく、ベッドで仰向けになりながら、ダラダラと映画を見ることができるんです。

Oculus GoとNETFLIXさえあれば、一日中ベッドの上にいても暇をしないでしょう。

 

 

将来性に期待

DMMVRアプリは期待外れでした。

しかし、Oculus Goはまだ発売されて、全然時間が経っていません。

問い合わせの回答もOculus Goには現在鋭意対応中ということだったので、希望はあります。

また、一時停止したときの画像はなんか焦点がよくなって、すごく綺麗になっていたので、しっかり対応してくれるだろうと期待が持てます。

ただ、やはりまだまだキラーアプリがない気がします。

やはりDMMVRに続いて期待できるのは、ゲームです。

絶対に今後VRのMMORPGやFPS/TPSが出てくると思います。コントローラーを触ったかんじ、これでスプラトゥーンをやったらめちゃくちゃおもしろそうだと思いました。

あとはMinecraftですね。

Oculus Goでもできるこれらのゲームが出てくれると一気におもしろくなるでしょう。

 

 

ということで、格安スタンドアローンVRのOculus Go開封レビューをしてみました。

正直、今買うべきかと聞かれたら、わたしはもうちょっと待ってもいいと思うよと答えます。

少なくともDMMVRアプリがOculus Goにしっかり対応するまでは笑

しかし、あとでどうせ買う予定とか、先にNETFLIXとかで遊びたいという人は全然買ってもいいと思います。

みなさんも楽しいVR生活を送りましょう。

それではではー!

 

あわせて読みたい

【レビュー】DMMVRが正式にOculus Go対応!でも焦点合わない問題なおってない!!

【Oculus Go】DMM VRの焦点問題について問い合わせた結果

DMMVRのiPhone/Androidアプリで使えるリモコン 設定や早送り方法を解説

DMM VRを楽しむならbluetoothイヤホンが便利!コードレスで快適VRライフ

Oculus Goで見るNETFLIXが快適すぎておすすめ

 

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-VR, おすすめWEBサービス
-, ,

執筆者:

関連記事

YouTube

YouTubeの広告料の単価はいくら?2018 大物YouTuber事務所UUUMの決算から推測!

どうもこんにちは。 YouTuber この言葉を聞いて「なにそれ?」っていうこともなくなるくらい今ではYouTuberが当たり前に存在する時代になっています。 なんと男子小学生のなりたい職業では第3位 …

ZOZOSUIT数値比較

【ZOZOSUIT】新型と旧型の測定精度を徹底比較!

  どうもこんにちは。 新型ZOZOSUITが発表され、翌日に届いたという声もtwitterで見かけたりしています。 わたしもその1人です。 旧型ZOZOSUITは伸縮センサーを使っていたの …

wearのタイトル

ファッションのわからない男がおしゃれに見せる方法

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。 どの服をどう着たらおしゃれになるのかわからない!! こんな悩みを持っている人はたくさんいます。わたしもその1人です。 自信がな …

LINEclovaWAVEタイトル

LINEスマートスピーカーClova WAVEが少しだけ便利になったけどやっぱりまだまだ使えない話

  どうもこんにちは。 巷ではアマゾンエコーだったり、グーグルホームだったり、LINE Clova WAVEとかのAIスピーカーとかスマートスピーカーが話題になっていますね。 わたしも自称I …

ヤフー期間固定ポイント

ヤフー期間固定Tポイントのお得でかしこい使い道を教えます

どうもこんにちは。 あなたはヤフーショッピングやロハコやヤフオクを利用していますか。 わたしは特にロハコを利用しています。ロハコは日用品で毎日使うもの食べるものをまとめ買いできるのでめちゃくちゃ便利で …