携帯キャリアの話

MVNOは儲からない!1契約の利益は100円!?

投稿日:

MVNO儲からないタイトル

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。

格安スマホとか言われたりするMVNO(仮想移動体通信事業者)がこの数年で急激な勢いで伸びています。

独立系MVNOの2017年3月末の回線数は810万回線で前年の1.5倍になったとMM総研は発表しています。
MM総研より

かくいうわたしもLINEモバイルを利用しており、通信料は毎月1,700円くらいで済んでいます。

ドコモやauやソフトバンクといっためちゃくちゃ利益を出している会社から契約を奪っているのだから、MVNOの会社はさぞかし儲かっているのではと思っている人は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

MVNOは儲からない

結論からいうと利益が出ないわけではないですが、正直儲かりません。

MVNO事業者の多くはドコモから回線を借りるわけですが、基本的にみんな同じ価格で回線を借ります。使うのはドコモの回線ですから品質もさほど変わりません。

品質が同じであれば、常識的に考えると安いものが売れますよね。

つまり、価格競争になって、原価をわらないギリギリのところの勝負になってしまうため、1契約あたりの利益が小さいのです。

 

MVNOの1回線あたりの利益を計算してみよう U-NEXT編

それでは実際どれくらいの利益規模なのか、計算してみましょう。

U-NEXTの決算資料が見やすかったので、これを例にしてみましょう。

データは2017年12月期の第1四半期決算説明資料からデータから引用しています。

まずは回線数ですが、2017年3月末で月額課金が42.5万回線、プリペイド回線が33.7万回線あります。プリペイドの回線は使っていない人もかなりいると思うので、ほとんど利益がないと考えて、利益を出しているのは月額課金の42.5万回線だと仮定します。

unextmvno契約回線数

次にこのMVNOで得られている利益です。

決算によると第1四半期で2.2億円程度の営業利益が出ています。

これを1か月あたりにすると、約7,500万円の利益ということになります。

unextmvno利益

つまり、1月あたり42.5万回線で、7,500万円の利益をうみだしていることになります。

1回線あたり約175円の利益と計算できます。

 

MVNOの1回線あたりの利益を計算してみよう IIJ編

次はIIJの決算を分析してみましょう。

IIJはMVNOの老舗ですね。わたしもLINEモバイルを使う前はBIC SIM、つまりIIJみおふぉんを使っていました。

U-NEXTと同様に、2017年3月期の決算説明会資料よりデータを引用します。

FY16の第4四半期だけみると、総回線数が186万、総売上が76億円だということがわかります。

iijmvno契約回線数と売上

セグメント利益がないため、ざっくり利益に換算してみます。

別ページでネットワークサービスの粗利率が18%とありますので、それをかけて粗利が約14億円とします。

よって、1か月あたりの粗利は4.5億円です。これを1回線あたりとすると約250円になります。

U-NEXTより高くなっているのは粗利で計算しているからですね。

もしIIJの営業利益率3%をそのままMVNOの営業利益率と考えた場合は6分の1程度なので約40円です。

IIJは他の事業の売上のほうが圧倒的に大きいので営業利益率3%をそのまま使うのはよくないと思いますが、1回線あたりせいぜい100円ちょっとでU-NEXTと同じくらいなのではないでしょうか。

 

巨人ドコモの1回線あたりの利益は?

では、ぼったくり価格と言われている大手キャリアたちは1回線あたりどれくらい利益があるのでしょうか。

最大手であるドコモの決算を分析してみましょう。決算データ集からデータを引用してみます。

これによる通信サービスによる営業利益は8,300億円とのことです。

また、ドコモの携帯電話サービスの契約数は2016年度実績で約7,500万回線でしたが、実際に利益を出している普通の回線はiモードとspモードの約5,000万回線であろうと考えられます。

つまり、5,000万回線で年間8,300億円もの利益を叩き出しているということになります。

これを1か月あたりとすると1回線あたりの営業利益は1,400円と計算できます。

MVNOであるU-NEXTやIIJとは桁が違う利益になりますね。

 

賢い消費者ならLINEモバイル

上で計算したように、MVNO事業者ってドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアと比較して全然利益出ていないんですよ。

逆をいえば、大手キャリアはぼろ儲けです。

ダブルチーズバーガーのクーポンをプレゼントしても全然利益出ているんですよね。

それであれば、ギリギリの価格競争をしてるMVNOにして、ダブルチーズバーガーにポテトとドリンクもつけてもさらにお釣りももらったほうが賢い消費者じゃないでしょうか。

たしかにMVNOは大手キャリアに比べて品質は劣りますが、わたしが使っているLINEモバイルはYouTube動画も普通に見ることができますし、SNSの通信はカウントされません。もしMVNOを考えているならLINEモバイルをおすすめします。

むしろ、LINEモバイル以外はおすすめしません。

ということで、今日はMVNOってどれくらい儲かっているのか計算してみました。

それではではー!

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-携帯キャリアの話
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

光

ソフトバンク光の回線速度をはやくするIPv6の申込方法と設定

どうもこんにちは。 わたしは家のインターネット回線をソフトバンク光で契約しているのですが、最近夜22時くらいになると回線速度が遅くなっていました。そのせいで、高画質の動画が止まってしまったり、スプラト …

通信料金1182円タイトル

【Y!mobile】わたしの携帯通信料金は1,182円です!9GB使えて通話代無料の節約プラン教えます

  今世間では、菅官房長官の「携帯の通信料金は4割値下げ余地がある」という発言がニュースになっていますね。 消費者としては、携帯の通信料金が安くなってくれるのはうれしいですが、実は今でも通信 …

applecareいらないタイトル

ケータイ補償サービスやApple Careは必要ではない!確率思考で節約しよう!

  あなたは携帯電話を毎回買うときに、ほぼ間違いなく、ケータイ補償サービスやApple Careといった保険サービスをおすすめされていると思います。 「壊れたときに無料で修理できる、もしくは …

ソフトバンク長期割タイトル

アマゾン派もお得!ソフトバンクの長期割引はTポイントをもらおう!!使い方を解説

  どうもこんにちは。 携帯の長期利用者に対してもっとメリットを出しないさいという総務省からのお達しがあり、携帯キャリア各社が嫌々ながら対応しています。 docomoとソフトバンクは現金値引 …