音楽・ライブ

マキシマム・ザ・ホルモンのストリーミング配信しない方針には正直がっかりしている

投稿日:

ホルモンストリーミングタイトル

 

どうもこんにちは。

11月”頃”にマキシマム・ザ・ホルモンの新作が出ることが発表されました。

 

 

とても嬉しいニュースなのですが、同時に残念なことも発表されていました。

マキシマム・ザ・ホルモンの楽曲が、Apple Music、Spotify、LINE MUSICでの配信をする予定はないということです。

ホルモン配信

 

この件について、掘り下げて書きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

市場は完全にストリーミング時代

この数年で音楽市場は、一気に変化してきています。

Spotifyの世界進出、そしてApple Musicの快進撃によって、一気に世の中の音楽の楽しみ方は定額制ストリーミングになっています。

こちらは、アメリカの音楽協会が出している音楽市場のグラフですが、直近ではなんとストリーミングが市場の75%を占めているのです。

Physicalというのが、CDやレコードのことですが、わずか10%程度に過ぎず、なお縮小しています。

また、iTunesのようなダウンロード型もどんどん市場は縮小しており、こちらも市場の10%程度に落ちています。

アメリカストリーミング市場

 

日本は世界的にストリーミングシフトが遅いのですが、それでもストリーミングがどんどん拡大しており、とりあえずダウンロードは抜きました。

CDは依然として1位ですが、市場時代は下がっていますし、CDというよりは握手券が多いですよね。

日本音楽ソフト市場

日本音楽配信市場

 

最近では通信会社が大容量プランを出すようになってきており、音楽ストリーミングで通信量(ギガ)を心配する必要もなくなってきました

そうなってくると、より市場はストリーミングにシフトしていくことは明白だと思います。

 

 

CDを買ってもCDで聴くことはない

市場は小さくなっているものの、CDは依然として日本で1番売れています。

しかし、みなさんCDを買ってCDで聴いていますか?

わたしは聴いていません。

むしろ、音楽を聴くようになってから、CDで聴いたのなんて数えるほどです。

MD、iPod、スマホにCDからインポートしましたよね。

そして、ストリーミング時代になり、このインポートすらいらなくなりました。

おかしくありませんか?

なぜCDで聴かないのに、CDを買わなくてはいけないのでしょうか?

そう考えていくと、CDでの音楽販売は環境にも悪いのではと思いはじめました。

だって、使わないんですよ。

ホルモンのCDは毎回いろいろてんこ盛りで、楽しい商品になっているのはわかっています。

わたしも買っていますから。

でもCDと一緒にしなくてもいいのではないでしょうか。

それに、Spotifyを使うようになってから、他の曲を聴いていて、なんかホルモンの曲を聴きたいというときには、わざわざ別にミュージックアプリを立ち上げないといけないです。

とてもめんどくさいです。

なんならAppleはApple Musicに完全に移行しようとしており、iTunesは、もうあと数年でサービス終了するという噂もあります。

そうなると、iPhoneに音楽を取り込むこともできなくなってしまうかもしれません。

 

予襲復讐のときなんかは、まだストリーミングじゃなかったので、全然よかったんですし、CDしか販売しないみたいなプロモーションには感動すら覚えました。

ホルモンならストリーミング時代に、ストリーミングに合わせたおもしろいことができると思うんです。

音楽の配信と物販はセットでなくてもいいと思います。

わたしはそうなってほしいと思っています。

 

 

ストリーミング配信すればホルモンにももっとお金が入る

ホルモンに対してお金の話をするのはどうかと思いますが、少し書きます。

ホルモンは、活動歴も長く、アルバムもそれなりに出しています。

そして、ホルモンファンはとにかく何回もホルモンの楽曲を聴いていると思います。

ストリーミングは、聴かれた分だけお金がアーティストに入るので、カラオケの印税のように、ずっと聴かれる曲が強いです。

ミスチルが、ストリーミング配信をはじめましたが、ミスチルなんかはミリオン連発した楽曲たちがさらにストリーミングで稼いでくれているでしょう。

ホルモンも名曲がたくさんあります。

ただ、ホルモンは別にお金とか入ってこなくてもいいやとか思ってそうなところも感じます。

しかし、ファンとして、対価としてしっかりお金はもらってほしいと思います。

そしてそのお金で、またおもしろいもの、楽しいもの、かっこいい楽曲を作ってほしいのです。

 

 

下の世代にもホルモンを好きになってほしい

わたしは音楽を聴くようになったときには、MDが使われていましたが、もう少しあとの世代の人はいきなりiPodだと思います。

同じように、これから音楽を聴くようになっていく人たちはSpotifyなどのストリーミングサービスを使うと思います。

そうしたときに、Spotifyにホルモンが入っていないと、下の世代の子たちはホルモンを聴くことができません。

また、スマホだけでPCが家にない家庭もあると思います。CDプレーヤーは言わずもがなです。

そしたら若い人たちはどうやってホルモンの音楽を聞けばいいのでしょうか。

今いるファンだけでも十分楽しいと思いますが、ファンの世代が広がっていくのもすごくおもしろいと思います。

例えば、わたしはX JAPANも好きで、ライブに行ったりしますが、10代から60代くらいまでほんとにいろんな人がいます。

でもみんなX JAPANが好きなんです。

これはとても素晴らしいことだと思います。

ホルモンのメンバーがどう思っているかは定かではありませんが、わたし個人としては下の世代の子たちにもホルモンを好きになってもらいたいです。

そのためにも、ぜひホルモンにはストリーミングでの配信を開始してほしいです。

 

 

ということで、マキシマム・ザ・ホルモンのストリーミング配信をしない方針について、個人的に感じていることを書きました。

賛否両論あると思いますが、将来的にいつかはCDでの販売はなくなっていくので、早いうちに音楽配信と物販は分けていってほしいです。

いつかSpotifyでホルモンの楽曲を聞けることを楽しみにしています。

それではではー!

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-音楽・ライブ
-

執筆者:

関連記事

SpotifyとApple Musicアニソン

SpotifyとApple Musicのおすすめアニソンプレイリスト

  どうもこんにちは。 SpotifyやApple Musicの登場で、毎月たった1,000円支払えば音楽が聴き放題というすごい時代になりましたね。 でも、SpotifyやApple Mus …

輝夜月タイトル

VTuber輝夜月のデビュー曲「Beyond the Moon」がもはや電子ドラッグ!光彦、ハム太郎、コラショも登場!?

  2018年空前大ブームとなっているのがバーチャルYouTuber、通称VTuberです。 8月30日に、VTuberの1人、輝夜月のデビュー曲「Beyond the Moon」が配信開始 …

SpotifyとApple Music backnumber

back number楽曲のSpotifyやApple Musicの配信はいつ?

どうもこんにちは。 超人気バンドback numberが、ついに定額制音楽配信サービスへの楽曲配信を解禁しました。 ただし、当初はLINE MUSICだけです。 SpotifyやApple Music …

flumpoolパシフィコ横浜

flumpool活動休止直前のパシフィコ横浜ライブ中の様子をレポート【Re:image2017】

  どうもこんにちは。 さきほど何気なくヤフーを開いたら、ヤフートップのニュースに「flumpool活動休止」の文字があってめちゃくちゃ驚きました。 なぜならわたしは3日前の12月3日(日) …

YouTubeMusic6

米津玄師を聴ける音楽ストリーミング配信サービスはYouTube Music

  どうもこんにちは。 Apple MusicやSpotifyといった音楽ストリーミング配信サービスが世界中で流行っています。 日本でもたくさんのアーティストの曲が配信されており、毎月約1, …