投資

ソーシャルレンディングmaneoで大量返済遅延発生 20万円入れてたファンドが該当してしまったので被害レポート

投稿日:2018年11月1日 更新日:

maneoタイトル

 

どうもこんにちは。

ソーシャルレンディングの最大手であるmaneoで、大量返済遅延が発生しました。

わたしも該当のファンドに20万円を投資していました。

わたしのファンドを中心に今後どうなるかを詳しくみていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

大量返済遅延発生の報告メール

2018年もあと2ヶ月となった月初めの11月1日の夜に1通のメールが来ました。

ちょうど仕事終わりのわたしは、駅のホームでそのメールを受信し、読んでみたらそこには驚愕の事実が書かれていました。

 

投資家の皆様へ

いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、下記融資案件につきまして、2018年10月29日の約定利息の未回収が発生いたしました。
期限の利益を喪失した対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、以下のとおりご報告させていただきます。

中略

2.経過および回収の見込み

事業者C社は、不動産事業者CU社に対し不動産担保融資を行いました。

2018年5月25日、不動産事業者CU社は、事業者C社に対し、約定利息の支払いを行いませんでしたが、
事業者C社は、担保不動産の任意売却や担保権の実行による回収をもってmaneo社に対する債務の全額を返済可能と判断しました。
そこで、事業者C社は、maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであるものの、
5月28日、6月28日、7月30日、8月28日、9月28日分のmaneo社への利息の支払いを継続しつつ、担保不動産の任意売却を試みました。

しかしながら、事業者C社は、任意売却に向けた活動の過程において、
すべての担保不動産の任意売却による売却代金をもってしてもmaneo社への元利金全額を支払うことが困難であるとの認識に至り、
maneo社から事業者C社への融資はノンリコースローンであることから、
10月29日を期日とするmaneo社への利息の支払いを履行しない意向をmaneo社に対して示しました。

事業者C社及びmaneo社は、引き続き、担保不動産の競売・任意売却による回収に尽力してまいります。

個別のファンドの回収状況につきましては、改めて担保不動産ごとにご報告させていただきます。
その後の回収の進捗状況につきましては、「3.今後の状況報告について」に記載のとおり、定期的にご報告させていただきます。

後略

 

はい、返済遅延の報告メールでした。

しかも、すでに担保である不動産の売却プロセスを進めており、その担保をもってしても全額返済が不可能ということなのです。

maneoは、以前も返済遅延がありましたが、ここまで大規模な返済遅延を出すのははじめてではないでしょうか。

 

 

該当のファンドは収益アパートが多い

今回の返済遅延のファンドは、すべて事業社CU社というところに貸したファンドのようです。

大きく分類すると、5つのプロジェクトとなります。

いずれも1,000億円突破記念とか1,100億円突破記念という名前がついたファンドですが、まったくめでたくなくなりましたね。

1つ目は川崎市の不動産で、土地が13,400㎡で、異様に大きいです。

その割に建物は延床2,000㎡程度であります。

いったいどういう不動産だったのでしょうか。

 

ちなみにここのファンドにわたしは20万円投資していました。

投資しておいて、どういう不動産だったのかと思っている自分を反省しています。

また、このファンドは投資した人の中でも優先順位がつけられており、利回りが低い人ほど優先的に返済が受けられるようになっています。

わたしはこれの第3順位、第4順位のファンドに投資していたので、ファンド的に3分の2戻ってこれば全額返済となり、3分の1以下であれば全額貸倒れになります。

そもそもの業者買取価格が16億円で、貸付が12億円だったわけなので、そもそも75%で不動産が売れれば投資家全員が無事です。

わたし個人としては50%で不動産が売れれば全額戻ってきます。

かなり緩い条件だと思うのですが、これで返ってこなかったらかなりショックです。

 

さて、その他の4つのファンドはすべて収益アパートのプロジェクトになっています。

まず、埼玉県内7か所の収益アパートプロジェクトです。

次に、埼玉県、千葉県、東京都内4か所の収益アパートのファンドです。

さらに、東京都・神奈川県内4か所の収益アパートのファンドです。

最後に、愛知県内5か所と茨城県の収益アパートのファンドです。

このように場所もバラバラの収益アパートファンドが一気に返済不可能となったということは、CU事業者が倒産したと考えるべきでしょうか。

 

 

担保率80%でも返済不可能という事実

今回、返済遅延となったファンドはすべて不動産担保がついていました。

ファンドごとで見た場合に、どのようになるかは未だわかりませんが、とりあえず全ファンド合計の返済額以上で、担保の売却ができないということでした。

どのファンドも担保の評価額は、貸付金額よりも高く設定されていたはずですが、いったいどれくらいの水準だったのか計算してみます。

貸付金額 / 担保評価額は以下のとおりでした。

  1. 川崎の大型不動産ファンド:75%
  2. 埼玉アパートファンド:80%
  3. 埼玉千葉東京アパートファンド:80%
  4. 東京神奈川アパートファンド:80%
  5. 愛知茨城アパートファンド:82%

アパートファンドは軒並み80%ですね。

アパートファンドの多くはどうやら延床も100~200㎡程度のアパートですので、すごく小さいアパートってことですよね。

そのようなアパートが売却時に、購入価格の80%を切ってしまうことは大いにありそうな気がします。

担保の売却額が80%になっても、全額返ってくるから大丈夫だと考えた人は痛い失敗でしたね。

評価額をそのまま鵜呑みにしてしまうのはよくないですね。

ただ、すごくポジティブに考えると、今回の件で最終的に返済されてくる金額で、担保と貸付金額の比率の事例ができるので、今後投資するときの1つの基準にすることができますよね。

もうソーシャルレンディングなんかやらないと思っているかもしれませんが。

 

 

CU社に何があったのか

気になるのはCU社に何があったかです。

倒産な気はしますが、そもそもしっかりとビジネスをしていたのか疑問です。

計画的に物件取得金額を釣り上げて募集して、差額をどこかに飛ばして、倒産して返済不可能にして、終わったあとに飛ばしたお金で一生遊ぶみたいなこととかはないでしょうか。

返済不可能になったからには、CU社の詳細をしっかり明かしてほしいところなのですが。

 

 

maneoの信頼はガタ落ち

しかし、これでmaneoの信頼はがっつり落ちるでしょうね。

そもそもグリーンインフラレンディングの件で、信頼が失われていたのに、本体でも遅延してしまうとは。

また、担保を売却しても貸付金額を返済ができないということは、担保の審査が甘いということであって、それはmaneoの業務責任であると思います。

つまり、maneoは自らガバガバ審査を露呈したということにもなりますよね。

他のファンドの審査が大丈夫なのか疑問です。

特に本案件の担当者がやっている他の案件は木になりますね。

 

さらに、今回送られてきた返済遅延の報告メールにもあるとおり、CU社は借入金の返済を5月の時点でしていなかったのです。

4回目の返済ですでに遅延ということも、そもそも問題ありまくりですが、それを5ヶ月もmaneoは報告していなかったのです。

担保売却で返済できると思っていても、しっかり報告はするべきでしょう。

おそらくそれがわかっていたら、このファンドの被害者であるか否かにかかわらず、maneoへの投資をリスク回避で見送った人は多いはずです。

maneoはお客が離れるのを嫌って、報告を怠ったと考えるのが普通でしょう。

しかし、こうなってしまっては、それ以上の客離れが予想されますね。

 

また、担保売却によって返済できると思って報告していなかったということは、今までもこのような案件があったかもしれません。

例えば、期日より前に償還された案件なんかは、担保売却によって返済されたものかもしれません。

これをうまくいったかのように返済報告をしていたなら、ユーザーとしてはかなり怒り心頭ですよね。

maneoに対する信頼感は大きく失われました。

 

 

透明性の重要さを再認識

ソーシャルレンディングは手軽に高利回りの投資ができる一方で、やはり投資するものの中身がわかりづらいです。

貸付をする会社の名前もわからなければ、お金の使用用途の具体的な説明もありません。

例えば、不動産事業に使うのであれば、県名、市名だけでなく、字名レベルまで、さらに物件の外観、内観、家賃収入、事業計画等もろもろの情報が欲しいところです。

例えば、自分が1人で投資物件を買う際は、必ずやることなのに、ソーシャルレンディングになった途端に、少額だからということもあり、ポチポチとやってしまいます。

よくよく考えたらかなりありえないことですよね。

自分の大事なお金です。

投資するからには、どのようにそのお金が使われて、どのように売上が上がり返済が行われるのかが見えていないといけませんね。

ソーシャルレンディングには、これを機に透明性を持って事業を行ってほしいところです。

 

 

ということで、maneoの大量返済遅延報告についてのレポートでした。

また、maneoから何か報告があったら、このブログでも報告したいと思います。

願うのはただ1つ。なるべく多くの返済です。

わたしの場合、担保不動産が50%の値段で売れていればいいわけなので、これで返ってこなかったらmaneoのガバガバ審査を恨みます。

それではではー!

 

あわせて読みたい

ソーシャルレンディングの分散投資でやってはいけないただ1つのこと

 

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-投資
-,

執筆者:

関連記事

ソーシャルレンディング儲からない

【maneo】実はあまり儲からないソーシャルレンディング投資

  どうもこんにちは。 ソーシャルレンディング投資をかれこれ1年半以上やってきたのですが、改めて利回り計算をしてみたら、全然魅力的でない投資だということが判明しました。 利回り計算のときに、 …

インド投資信託タイトル

インド投資信託を3年積立投資したらすごい利回りだった

  どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。 最近証券会社の口座情報を見てにんまりしてしまいます。 約3年前の2014年9月から毎月積立投資しているインドの投 …

maneoタイトル

ソーシャルレンディングの分散投資でやってはいけないただ1つのこと

  どうもこんにちは。 maneoの大量返済遅延がお知らせされて、ちゃっかりもう1社の返済遅延も起こりましたね。 ソーシャルレンディングの貸倒れは、一番起こりうるリスクです。 投資の基本は分 …

サイバーエージェント株主総会タイトル

サイバーエージェント株主総会2017 質疑応答内容まとめ 72時間ホンネテレビのUUは500万以上

どうもこんにちは。 2017年12月15日(金)渋谷のセルリアンタワーにて、サイバーエージェントの株主総会があり、株主であるわたしも参加してきました。 株主総会に参加して主な目的はお土産なのですが、藤 …

キャッシュフロー貯金

貯金1000万円より毎月キャッシュフローが5万円あるほうが安心する

  どうもこんにちは。 将来のことを考えると、やっぱりお金の不安があるという人は多いと思います。わたしもそのうちの1人です。 社会人になって、それなりに貯金も増えてきたのですが、不思議なこと …