アプリ/WEBサービス

LINE Payコード決済のメリット・デメリット・PayPayとの比較

投稿日:

LINE PAYメリットデメリット

 

2018年12月、日本でもQRコード決済戦争がはじまりましたね。

特にPayPayLINE Payです。

はやい段階からいろいろと展開していたLINE Payに対し、100億円あげちゃうキャンペーンで一気にシェアを取ろうと目論むPayPay。

LINE PayもPayPayも両方使ってみて、個人的にはLINE Payのほうが使いやすいように思えました。

しかし、LINE Payもメリットだけでなく、デメリットもあります。

この記事ではLINE Payのメリット・デメリットについてわたしが感じていることを書きます。

 

 

スポンサーリンク

LINE Payのメリット①利用可能店舗数が多い

QRコード決済をする上で、一番重要なのは「使える場所が多い」ということですね。

LINE Payは、QRコード決済をはじめた時期がはやいので、お店の開拓も一番進んでいます。

PayPayは、ファミマとビックカメラの2つが目立っていましたが、LINE Payも12月末現在ファミマもビックカメラも利用可能です。

また、コンビニだとローソンも利用可能です。

他には、ドラッグストアの対応店が多いというのも、LINE Payで嬉しいところです。

ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ココカラファインなんかは東京でもかなり多くの店舗がありまし、その他にも対応しているドラッグストアはたくさんあります。

日常的に使える場所が多いというのは、便利さに直結していきます。

コンビニ、ドラッグストアときて、あとはスーパーマーケットやファーストフード店で使えるお店が増えれば、1日で何回も使う機会が出てきてもっともっと便利になりそうですね。

 

 

LINE Payのメリット②ショートカットが便利

LINE Payは、LINEアプリの1つの機能です。

基本的にはLINEアプリを立ち上げて、そこからウォレット機能に移るという遷移をしなくてはいけません。

なので、言ってしまえば、これはデメリットです。

支払いのときに、わざわざLINEのホーム画面から何回かタップしないといけないので。

しかし、LINE Payはショートカットアイコンをスマホのホーム画面に作ることができます。

このショートカットを1つのアプリと同様にホーム画面に置いておけば、一気にコード支払い画面に行くことができます。

PayPayは、アプリを立ち上げたら、すぐに使えるバーコードが表示されているのですが、画面を暗めに設定していると読み取ってくれなく、結局コード支払いのタブをタップして、明るい画面を表示させる必要が出てきます。

LINE Payのショートカットであればいきなり明るい支払い画面に行くので、ほんとにワンタップです。

もちろんパスワードは入力する必要はあるので、セキュリティはちゃんとあります。

LINE Payのショートカットのつくり方については、別記事で紹介していますので、よければそれも読んでみてください。

【参考記事】起動が遅いLINE PayのQRコード支払いを一瞬で起動させる方法 ホーム画面に追加してショートカット!ウィジェットの活用も!!

 

 

LINE Payのメリット③決済音がシンプル

LINE Payで地味に嬉しいのが決済音です。

Edyだったら「シャリーン」、クイックペイだったら「クイックペイ!」という支払いのときに鳴る音です。

これまで日本で使われてきた電子マネーの場合、決済音はレジ側の決済端末から鳴ります。

しかし、コード決済の場合は、自分のスマホから音が鳴ります。

自分の手元で音がなるので、少しびっくりします。

PayPayは、この決済音が「ペイペイッ!」と結構でかい音が鳴ります。

これが周りの人にまで聞こえるくらい大きな音なので、かなり恥ずかしいのです。

【参考記事】【共感希望】PayPayの支払い音が大きくて恥ずかしい

 

一方で、LINE Payの決済音は言ってしまえばLINEの通知音です。

「ピンッ!」と一瞬鳴るだけです。

なんならマナーモードにしていれば、決済音は鳴りません。

お買い物する度に恥ずかしい音が鳴るのは嫌ですよね。

決済音がシンプルなLINE Payはその点とてもいいです。

 

 

LINE Payのメリット④友達送金が便利すぎる

これは決済ではないのですが、LINE Payはかんたんに友達へお金を送金できるというのが、めちゃくちゃ便利です。

この便利さを覚えると、友達と割り勘をするときに、LINE Payを使っていない友達だと怒りを覚えるほどです。

スタンプを送るのと同じように、LINEのメッセージでお金のやりとりができるのです。

これぞLINEの強みです。

PayPayだと、わざわざQRコードを出して読み取ってとやらないといけないので、けっこうめんどくさいんです。

 

 

LINE Payのメリット⑤溜まったポイントはまた買い物に使える

LINE Payは毎月の支払い額に応じて、ステータスが決まり、それによってポイント還元率が決まります。

還元率は、0.5~2%です。

また、2019年7月31日までは、コード支払いをするとさらに+3%のポイントが還元されます。

この還元されたポイントは何に使えるのかという、またLINE Payにチャージしてお買い物で使えるのです。

もちろんLINEのスタンプを買ったり、他のポイントに変えたりもできますが、お買い物で再利用が一番使いやすいでしょう。

クレジットカードのポイントだと、よくわからない景品と交換だったりで利便性が少ないです。

お買い物で再利用できるということは、実質割引みたいなものなので、とってもいいですよね。

PayPayもお買い物に使えるポイントになるのでそこの利便性は、LINE Payと変わりないと言えると思います。

 

 

LINE Payのデメリット①支払い後の画面がめんどくさい

LINE Payはとっても便利で、かなりヘビーユーザーなのですが、毎回毎回ここだけはだめなところだなーと思うものがあります。

それが支払い後の画面遷移です。

支払いが完了するまでは、とても使いやすいんですが、支払い完了後に、レシート画面というか支払い完了画面になります。

さきほども書きましたが、LINE PayはLINEの1つの機能なので、この支払完了画面のまま閉じても、次にメーセージをしようとLINEアプリを開いたら、LINE Payの画面のままになっています。

ここから、LINE Payの画面を閉じて、通常のホーム画面に戻していかなくてはいけないんです。

しかも、LINEアプリを開いたらLINE Payの画面にまずなっているので、パスワードを入力しないといけません。

これがとてもだるい。

これを防ぐためには、支払いが完了したら、ちゃんとLINE Payの機能を閉じて、LINEの通常ホーム画面に戻しておく必要があるのです。

どっちみちめんどくさいですよね。

そういう意味では、PayPayのような単体アプリは強いですね。

 

 

LINE Payのデメリット②銀行口座登録がめんどくさい

これは最初だけなんですが、LINE Payを使うには友達から送金してもらうか、自分でチャージする必要があります。

コンビニなどでもチャージできますが、基本的には銀行口座を連携させてLINEアプリ上でチャージするのが楽です。

楽なんですが、最初だけめちゃくちゃめんどくさいです。

これはLINE Payだけの問題ではないのですが、銀行口座の連携はとてもめんどくさいのです。

なにせ、一度銀行側の認証サイトに行かないといけないです。

銀行のサイトはほんとにひどいんです。

スマホでの使いにくいさが半端ない。

ほんと銀行ってなんでこんなに使いにくいものをつくるの得意なんでしょうか。

このめんどくささのせいで、なかなかみんなLINE Payを使いはじめてくれないんですよね。

みずほもSMBCもUFJもその他多くのネット銀行や地銀も対応しているので、連携できない人はほとんどいないレベルだとは思うんですけどね。

この最初の銀行口座連携だけ、がんばってしまえば、後はチャージもワンタップやオートチャージで楽ちんになります。

ぜひ最初だけ乗り越えてください。

 

 

ということでLINE Payのメリット・デメリットについて書かせていただきました。

デメリットもありますが、総じて便利なので、ぜひLINE Payも支払いの1つの手段として使ってみてはいかがでしょうか。

それではではー!

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-アプリ/WEBサービス
-,

執筆者:

関連記事

ライブクイズ攻略タイトル

【Beat The Q】ライブクイズ攻略法 正答率を上げる裏技を紹介【グノシーQ】

どうもこんにちは。 2018年になって、いろんなライブクイズが日本でもはじまりましたね。BuzzVideoのBeat The QにGunosyのグノシーQはクイズ参加者も多いです。 ライブクイズは楽し …

no image

【レビュー】DMMVRが正式にOculus Go対応!でも焦点合わない問題なおってない!!

  どうもこんにちは。 Oculus Goを手に入れ、早速使ってみたらDMMのアプリが使い物にならないという記事を書いて約1週間後、DMMから正式にOculus Go対応という発表がありまし …

LINEclovaWAVEタイトル

LINEスマートスピーカーClova WAVEが少しだけ便利になったけどやっぱりまだまだ使えない話

  どうもこんにちは。 巷ではアマゾンエコーだったり、グーグルホームだったり、LINE Clova WAVEとかのAIスピーカーとかスマートスピーカーが話題になっていますね。 わたしも自称I …

Tポイント募金

ファミマの「Tポイントカードはお持ちですか?」をウザくなくなる方法を考えた。Tポイントで世界を救おう!

  どうもこんにちは。 ”Tポイントカードはお持ちですか?” 誰もが一度はファミリーマートで言われたことがあると思います。 しかし、多くの人は「ないです」と言ってますし、ウザがっています。 …

SPACECRAFTMARKETタイトル

ハロウィンパーティの場所はレンタルスペースで探そう!古民家がおすすめ!!【2017】

どうもこんにちは、通信業界のゆとり(@yutorinetwork)です。 2017年もはやいものでもう10月です。 10月のイベントといえばなんでしょうか?   そう!ハロウィンです!! & …