投資

AbemaTV決算2018年も200億円の赤字 売上は成長しているけど険しい道はつづく

投稿日:

abemaTVtitle

 

どうもこんにちは。

サイバーエージェントが通期決算を発表し、当初の予定どおりAbemaTVが約200億円の赤字という結果になりました。

サイバーエージェントの株はすでに売ったわたしですが、サイバーエージェントの決算資料は見やすいですし、見ていてとてもおもしろいので、今でもずっと見ています。
【参考記事】サイバーエージェント株を売って利確した3つの理由

そしてAbemaTVの動向も見守っていますが、今回の決算を見た感じ、成長はしているものの成功というところに行くには、まだまだ時間がかかりそうだなという印象をうけました。

 

 

スポンサーリンク

総視聴時間は成長だが、WAUは停滞気味

サイバーエージェントの決算資料を見ると、AbemaTVの総視聴数は2018年9月で5,348万時間となり、過去最高を更新したようです。

これは素直にすごいことですね。

総視聴時間は、視聴人数×視聴時間なので、まさに総合的な価値そのものです。

それを継続して成長させているということは、価値を上げ続けられているということでしょう。

abemaTV決算資料WAU

 

一方で、視聴人数をあらわすWAU(weekly active user)は一見成長を維持しているように見えますが、よく見るとこの1年ぐらい停滞気味です。

グラフの赤矢印を見ると、サービス開始当初はグラフの下側をなぞるようになっていたのに対して、直近1年くらいで矢印がグラフの上側を通っているように見えます。

矢印があるせいで、ずっと成長しているように見えてしまっていますが、実際には1段目の成長は終わり、2段目の低成長の時期になっていると言えます。

現在のWAUが550~600万程度ですが、社長の藤田さんはWAU1,000万を作らないと、広告価値が上がらないと言っています。

おおよそ半分を超えたくらいになりましたが、この1年でWAUは100万増えたかどうかといった具合です。

今までは、アニメ、バラエティ、恋愛リアリティショーで等で客層を増やしてきましたが、また新たな客寄せコンテンツを見つけていく必要がありそうですね。

 

 

AbemaTVの売上は63億円

今回の決算では、通年のAbemaTVの売上と営業損失も発表されました。

abemaTVPL

 

売上は63億円で、営業損失は-208億円とのことです。

そもそも2018年も赤字は200億円になると宣言していたので、まったく驚きはありませんが、売上が63億円というのは初めて出てきた数字ですね。

2018年は赤字は200億円だけど、売上もあげてコストも増やして強いサービスを作ると藤田さんは宣言していました。

つまり2017年から売上を約40億円強増やし、コストを40億円強増やしたということです。

この売上63億円が多いか少ないかは人によってそれぞれだと思います。

ただ、わたしの感覚的には、案外こんなものなのかと思ってしまいました。

わたしもたまにAbemaTVを見ますが、この1年で明らかにCMが増えたとわたしは感じています。

そして、やっぱりCMはうざいなと思いました。

こんなにCMいっぱいやってるのに、まだ売上は60億程度なのか、200億円の赤字埋めるためにはもっとCM流して行くってことなのか、そうなったら見る気なくしてしまうなと思ってしまいます。

AbemaTVは来期は売上は倍増させたいが、200億円の赤字は継続というように発表しています。

ユーザー数が増えれば、売上は倍増になりますが、1年でWAUが倍増にはならないと思うので、広告の量を増やす、またはユーザーの利用時間を増やすということになります。

ちょうど1年前はあまりCMをまだやっていなかったので、次の発射台の分だけ、確実に売上増は見込めて、来期売上倍増くらいは余裕でできると思います。

問題はその後に、さらに倍増をしていけるかでしょう。

1人あたりの売上とコストのエコノミクスが出来上がらないことには、ずっと赤字をひた走りつづけることになってしまいます。

 

 

AbemaTVは将来いくら稼げるのか?

さて、AbemaTVの発表した数字はひとまずおいておいて、そもそもAbemaTVって最終的にどれくらい稼げるのかを考えてみたいと思います。

結局AbemaTVはテレビです。

番組視聴の間にCMを挟んで、広告料で儲けるのが基本です。

ということは、日本の他のテレビ局がどれくらい儲けているかが1つの指標となりそうですよね。

例えば、日本の民放で最大の利益をあげているのは日本テレビで、放送事業でおよそ500億円の営業利益を出しています。

AbemaTVをサイバーエージェントと一緒にやっているテレビ朝日はおよそ200億円弱の営業利益です。

その他のテレビ局は放送事業ではそれ以下の営業利益です。

つまり、AbemaTVが稼げる利益のポテンシャルとして、数百億円程度というのが、思い浮かびます。

この数百億円という営業利益がAbemaTVの1つの完成形だと見た場合、この数字をどう思いますか?

わたしは、サイバーエージェントの次の柱となる事業にしては利益規模が小さいと感じています。

しかも、毎年200億円も赤字を出しているのにです。

サイバーエージェントの他の事業の営業利益を見ると、広告事業が213億円、ゲーム事業が253億円です。

サイバー決算2018

 

つまりAbemaTVが仮にテレビ朝日級の営業利益になっても、サイバーエージェントにとっては3分の1程度の営業利益なのです。

将来的に確定的でない数百億円の黒字を出すために、毎年200億円の赤字を何年も出すというのは、一般的に考えるとなかなか踏み切れない決断です。

 

 

積み上がる損失が株主には痛い

サイバーエージェントの株主の方は、このAbemaTVへの突っ込みっぷりをどう感じているのでしょうか。

もちろん新しい挑戦への取り組みは、絶対にしていかなくてはいけませんが、やはり毎年200億円の赤字というのはなかなか衝撃的ではないでしょうか。

ファイナンス的に考えても、先行投資の段階で大きなお金を突っ込むのはあまりいいように思えません。

現在価値で考えると、現在の200億円と10年後の200億円では現在の200億のほうが価値があります。

現在200億円の赤字を毎年出して、累積の赤字が積み上がっていますが、それらの赤字を解消するために将来黒字を出すだけでなく、現在価値にしても黒字になるレベルにしないと投資として成功とはいえないでしょう。

例えば、直近では200億円赤字を出していますが、割引率を7%程度と仮定した場合、10年後の利益の現在価値は約半分なので、200億円の黒字を出すことになっても、それは今の価値では100億円程度です。

さらに15年、20年たつとさらに現在価値は下がります。

なので、投資という観点では、いつまでも赤字を垂れ流してほしくはないです。

本来株主からしたら、もっとAbemaTVへの投資について批判的な意見が出てもおかしくないと思いますが、昨年の株主総会はけっこう平穏でした。

しかし、これだけ数字が出てきたらそろそろサイバーエージェントの株主もけっこう物言いが出てきそうなので、今年の株主総会は荒れるかもしれませんね。

藤田さんは長期的な視点で、株を保有してほしいと言っていますが、裏を返せば直近は我慢しろとも受け取れるので、一時的に他の運用に回して時が来たらサイバーエージェントにまた投資するというのも一つの手だと思います。

 

 

ゲーム事業の維持がAbemaTV持続の鍵

サイバーエージェントがAbemaTVでの赤字を許容できる理由として、広告とゲームががんばって稼いでくれているというのがあります。

サイバーエージェントは1つの配当の基準として、DOE5%以上というものを掲げています。

DOEはROE×配当性向です。

サイバーエージェントDOE

 

例えば、昨年度はROEが5%であったので、配当性向を100%にしないとDOE5%が出せませんでした。

つまり、ROE5%以上は絶対に出さなくてはいけないのです。

ということは基本的には今のレベルの利益水準は保たないといけません。

広告事業は市場が成長しているので、ほぼ盤石だと思いますが、ゲーム事業は市場が頭打ちになり、さらにはその市場の奪い合いになり、広告宣伝費による利益の圧迫がはじまっています。

サイバーエージェントは今期はゲーム事業の営業利益はほぼ維持でしたが、他のスマホゲーム会社は減益となっている会社も多いです。

来年のゲーム事業が、もし大きな減益となってしまった場合、DOE5%を保つことが厳しくなる可能性もあります。

DOE5%以上の観点から言っても、ゲーム事業の利益が落ちてしまう前にAbemaTVの利益を上げていかなくてはならないでしょう。

 

 

AbemaTVはあまり見ていないけどOPENRECは超ヘビーユーザー

今まであれやこれやと個人的な考えを書いていましたが、わたし自身AbemaTVはあると便利です。

特にアニメの見逃し配信は重宝しています。

ただ、通常のリニア配信を見るかというとあまり見ません。

一方で、わたしは同じくサイバーエージェントグループが運営しているOPENRECの超ヘビーユーザーです。

このブログを見渡せばわかるとおりスプラトゥーンばかりやっているので、スプラトゥーン配信者がたくさんいるOPENRECはまさに楽園なのです。

AbemaTVをあまり使っていないといいながら、結局サイバーエージェントのサービスにしっかりとはまってしまいるわたしです。

 

 

ということで、サイバーエージェントの決算からAbemaTVについて他人事のように勝手に書かせていただきました。

長く険しい道が続いているというかんじですね。

これからもサイバーエージェントの決算は目が離せません。

それではではー!

パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


パソコン用アドセンスコード

スポンサーリンク


-投資
-,

執筆者:

関連記事

gunosyロゴ

グノシーがライブクイズをはじめる理由を考えてみた

どうもこんにちは。 2018年1月15日にグノシーの決算発表がありました。 グノシーの業績は順調に伸びており、 素晴らしい決算だったと思います。 実はわたしもグノシーの株主なので、今回の決算にはとても …

Gunosy

【投資】Gunosyの株を買うなら創業者福島さんの本は絶対に読むべし!

  どうもこんにちは。 久しぶりに投資ネタを書きたいと思います。 わたしが保有するGunosyについてです。 Gunosyはなんの会社かと聞かれたら、あなたはどう答えますか?   …

ソーシャルレンディング儲からない

【maneo】実はあまり儲からないソーシャルレンディング投資

  どうもこんにちは。 ソーシャルレンディング投資をかれこれ1年半以上やってきたのですが、改めて利回り計算をしてみたら、全然魅力的でない投資だということが判明しました。 利回り計算のときに、 …

決算書き起こし

米国上場企業の決算発表の書き起こしが見れる神サイト

  米国株に投資していたり、仕事で海外企業の調査をする人にとって、各社の決算発表をチェックすることは非常に重要ですよね。 例えば、日本の会社であれば綺麗なプレゼンテーション資料で説明会が開催 …

ソーシャルレンディングタイトル

サラリーマンの不労所得 2017年のソーシャルレンディング利益は5万円超えたよ

どうもこんにちは。 2017年2月に開始したソーシャルレンディング投資ですが、2017年の分配金がどれくらいか集計してみました。 2月にソーシャルレンディングを知り、投資額もだんだん大きくなり140万 …